不動産担保ローンの活用で何とかピンチを脱出しました

不動産担保ローンは交渉で金利を下げることも可能

このローンの良い所は交渉によって金利を下げるという事も出来るというところで、場合によっては複数の金融機関で競合させるという事も出来てしまうところです。
自分の場合でも三社ぐらいに競合していただいて、最も安い金利の提示をしてくれたところと契約をしました。
これは事業者という立場からすると当たり前すぎるといって良いぐらいに当たり前で、金利負担が高いところと契約する意味は無いのです。
こうした交渉が出来たのも不動産というものを武器として使ったからという事が言えるでしょう。
それを人質のように考えて金融機関と話をするようになると受け身の交渉になってしまいますが、これを武器として使えば、金融機関同士で競争をけしかけるという事も出来るわけで、物は使いようというのはこうした所でも言えるという事でした。
当たり前ですがビジネスは常に使えるものは使わなければ勝てません。

個人事業で不動産担保ローンを活用してピンチを脱出無担保ローンは信用を無くすリスクがある不動産担保ローンは交渉で金利を下げることも可能